自宅で診察を受けることのメリットを見てみましょう

>

通院が困難な患者さん向けのサービス

健康管理の他に介護とも連携

重度の障害を持っている患者さんの場合や、高齢で持病があり入院するほどではないが通院するのは難しい場合、看取りを自宅で行いたい場合など、その家族や患者さんの意志によって自宅で医療を受けることが出来ます。
ただし、全ての病院で訪問医療を行えるわけではありません。訪問医療に切り替える事を希望した時に主治医との話し合いをし、転院などをしなくてはならないこともあるようです。病院側としても訪問医療をする際は必ずその分の医師を確保しなければならないので、患者さんとカウンセリングを行い週に何回訪問するか、回数などを決めます。
また、ご高齢の患者さんに向け健康管理や介護とも連携しており、プランを立てる時にはケアマネージャーも同席することも多いようです。

困った時に往診を依頼します

自宅で医療を受けている場合、患者さんの容態がいつもと違い介護者では対応できない場合、往診を頼みます。この往診サービスは必ず訪問医療とセットで契約をしているので、契約の際に必ず呼べる時間などを確認しておきましょう。
医師が到着しその場で回復する場合もありますし、更に大きな設備が必要な場合は入院となります。
自宅で出来る看護・介護は設備的に限られており、自宅での設備を越えた治療が必要な場合は救急車を手配することになります。
また、訪問医療の場合は自宅に医療機械があることも多いのですが、この医療機械については機械メーカーが定期的にメンテナンスを行うようです。機械メンテナンスについても、訪問医療の契約を結ぶ際に医師立会いの下でメンテナンスを行うのか、行わないのか、などを確認してください。



TOPへ戻る