もう恥はかかない!冠婚葬祭のマナーを徹底公開

成人式やお盆にもマナーがある?

お祝いの席にもマナーあり

お祝い事は多少の無礼は笑って許されますし、朗らかなムードですのであまりにもマナーを気にし過ぎてピリピリするのは良くありません。主役に喜んでもらえるにはどうすればいいのか?を考えながら行動していれば特に問題はありません。
また成人式に関しても特別なマナーはありませんが、メディアを騒がすような問題行動や飲酒は社会的にNGですので、肝に銘じておきましょう。
出産祝いに関してはどうでしょうか?お祝いですので出来る限り明るい色の服装を心掛け、お菓子や現金、ベビー関連のグッズを送ると喜ばれます。
但し本人のセンスや好みもありますので、お尻拭きやおむつなどの消耗品が無難です。
また出産祝いを受け取った後の内祝いはお祝いに贈られた額の半分、または三分の一程度が理想です。

お正月やお盆のマナーを公開!

新年が明けた事をお祝いするお正月は玄関には門松、神棚にはしめ縄を飾るのが一般的ですが、近年ではそこまで本格的に行わずおせち料理やオードブルを頂き、みんなでゆったりと過ごすところが多い様です。また新年の挨拶に関しては、一緒に新年を迎えられた事の喜びとこれらからの一年を祝う言葉であれば、特に形式はありません。
お盆に関しても同様ですが、地域によっては浴衣で行くのはだらしないと取られるケースもありますので注意が必要です。
お盆でよくやってしまうNGマナーとしてお供え物を先祖側ではなく、人間側に向けてしまう事です。先祖のためのものですので、向ける方向や角度には気をつけて頂ければと思います。また宗派によっては形式が異なるので、こちらも注意して下さい。


この記事をシェアする
TOPへ戻る